愛人募集 コンパニオンの仕事をしているとお客さんからよく口説かれます。「君、可愛いね。俺の愛人にならないか。」「考えときます。」適当に言って断りますが、コンパニオンの仕事を一緒にしている友達のナミは愛人募集掲示板も利用しているくらい愛人になりたいみたいで、コンパニオンの仕事も密かに愛人を作ろうとしています。 ナミは結婚していますが、旦那さんの帰りが遅いのと、旦那さんの仕事が週一しか休みがないため寂しいという理由で愛人が欲しいと言っていました。私も結婚をしていますが、旦那の帰りが遅いからこそ夜の仕事も出来るし、臨時収入にもなる。夫に対して寂しいと言う気持ちはありません。愛人募集掲示板も利用したいと思いませんでした。 ある日、お客さんからいつもの様に口説かれました。いつもは適当にあしらって終わりなのですが、その人はパーティが終わっても私にしつこくアタックしてきました。私は正直に夫がいるので愛人はいらないことを伝えました。しかし、それを言っても口説くお客さん。 「夫がいても気にしないから私の愛人になってくれ。」この場にナミがいたら愛人募集掲示板利用しているくらいだからこの告白を喜ぶだろうなと思ってしまいました。あまりトラブルを起こしたくなかった私は連絡先だけ交換しましたが、その後もしつこく会いたいと言われました。「デートしてくれたらお小遣いあげるよ。もちろんスケべな事はしないから。」本当は会うつもりはありませんでしたが、お金に弱い私は一度だけ彼とデートする事にしました。もちろん、夫には内緒です。 パパ活アプリ デート援
管理ログイン

-携帯レンタルランキング-
ランクちゃんねる
rankch.com
Ranking system by